【FTPソフト】「FileZilla」の使い方を初心者向けに解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩む人

サーバーにポートフォリオサイトをアップロードして公開したいんだけど【FTPソフト】FileZillaの使い方が分からない。

こういった疑問にお答えします。

本記事で学べること

  • FTPソフトとは?
  • 【FTPソフト】FileZillaのダウンロード方法
  • 【FTPソフト】サーバーに接続する度に発生するパスワードを入力する手間の解決方法
  • 【FTPソフト】FileZillaの使い方(アップロード・ダウンロード)
  • ファイルを編集するテキストエディターの設定方法

是非、最後までご覧ください。

本記事の内容

FileZillaの使い方の前にFTPソフトとは?を超簡単に解説します。

FTPソフトとは、ローカル環境(自分のPCの中身)とサーバー環境間でフォルダやファイルのアップロードやダウンロードしたりすとファイル転送ソフトのことです。

【FTPソフト】使い方の前にFileZillaの特徴について紹介します。

  • 無料
  • 日本語にも対応
  • MacとWindowsのどちらにも対応
  • FTPだけではなく、FTPSおよびSFTPもサポート 
  • 転送速度が早かったり、大容量データを転送してもエラーが起きにくい

【FTPソフト】FileZillaの使い方を解説する前にダウンロードします。

公式サイトにアクセスします。

あわせて読みたい
FileZilla - The free FTP solution FileZilla - The free FTP solution for both client and server. Filezilla is open source software distributed free of charge.

「Download FileZilla Client」を選択します。

「Download FileZilla Client」をクリックします。

※自動的に環境に合ったダウンロードボタンが表示されます。

FileZillaの「Download」を選択します。

FileZillaがダウンロードされます。

ダウンロードされたzipファイル(赤枠)を開きます。

「FileZilla.app」をアプリケーションに移動させます。

zipファイルは削除してOKです。

アプリケーションから「FileZilla.app」を開きます。

「FileZilla.app」をダブルクリック後、下記の画面が表示されるので「開く」を選択します。

「FileZilla.app」が開きました。

「ウェルカム ダイアログ」は「×」or「OK」で閉じておきましょう。

次からいよいよ「【FTPソフト】FileZillaの使い方を初心者向けに解説」していきます。

それでは【FTPソフト】FileZillaの使い方を解説します。

「ウェルカム ダイアログ」を閉じた後からの続きとなります。

サーバーに接続する前の画面が表示されています。

画面には、ローカル環境とサーバー環境が表示されています。

ではサーバーに接続させていきます。

「サイトマネージャー」をクリックします。

「新しいサイト」を選択して「サイト名」を決めます。

サイト名は「mySite」にしました。

サイト マネージャーの「一般」の赤枠部分を入力(選択)します。

  • ホスト(H): FTPホスト名(FTPサーバー名)を入力します。
  • ログオン タイプ(L): 通常を選択します。
  • ユーザー(U): FTPユーザー名(FTPアカウント名)を入力します。
  • パスワード(W): FTPパスワードを入力します。

「FTP情報」の確認方法を紹介します。

※エックスサーバーの場合になります🙇‍♂️

Xseverでレンタルサーバーを契約した際に「【Xserverアカウント】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」などの件名でメールが送られてきたかと思います。

その中にFTP情報(上記画像の赤枠)が記載されています。

メールが手元にない方のための確認方法も紹介します。

手順
エックスサーバーの公式サイトにアクセスします。
??󥿥륵???С? ??®???ⵡǽ??????????Ρڥ?...
??󥿥륵???С? ??®???ⵡǽ??????????Ρڥ??å????????С??? ??®???Ĺ⤤????????ؤ????ǽ??󥿥륵???С??ڥ??å????????С??۲?ƯΨ99.99??ʾ?ι⤤???????ǡ??ȳ??ȥåץ??饹?ι⥳???ȥѥե????ޥ󥹤?ؤ???ʼ???󥿥륵???С??Ǥ??????693??(?ǹ?)???????Ѳ?ǽ???ޤ???̵?????10?...
手順
「ログイン」>「サーバーパネル」を選択します。
手順
必要な情報を入力して「ログイン」します。
手順
「設定対象ドメイン」を設定後、「サブFTPアカウント設定」を選択します。
手順
「FTPソフト設定」を選択すると「FTP情報」が表示されます。

「FTPパスワード(サーバーパスワードと同じ値)」は、サーバーパネルにログインする際に必要な「サーバーパネルパスワード」のことです。

パスワードを保存しますか?と尋ねられます。

「パスワードを保存する」を選択します。

「パスワードを保存しない」を選択した場合

サーバーへ接続したいサイトを選択後、「接続」を選択します(下記画像)。

すると、その度に「パスワード」の入力を求められるため手間です(下記画像)。

ですので、「パスワードを保存する」を選択しておいた方が手間が省けます。

パスワードの設定を変更する方法

「FileZilla」>「設定」を選択します。

「インターフェイス」>「パスワード」からパスワードの設定を変更できます。

「FTP情報」を入力後、「接続」を選択すると下記の画面が表示されます。

既に赤枠の部分に☑︎が入った状態で表示されていると思いますので、そのまま「OK」を選択します。

サーバーに接続されました。

新しいサイトを作成せずに接続するクイック接続も紹介します。

  • ホスト(H): FTPホスト名(FTPサーバー名)を入力します。
  • ユーザー名(U): FTPユーザー名(FTPアカウント名)を入力します。
  • パスワード(W): FTPパスワードを入力します。

上記の情報を赤枠に入力後、「クリック接続」をクリックします。

すると、サーバーに接続されます(下記画像)。

この方法は、新しいサイトを作成するわけではないため、毎回、「ホスト」「ユーザー名」「パスワード」を入力する必要があります。

使い所としては、一時的にサーバーに接続させたいサイトがある場合になるかと思います。

ローカル環境とサーバー環境間でアップロードとダウンロードを行います。

アップロードを行います。

アップロード:ローカル環境(自分のPCの中身) → サーバー環境へフォルダやファイルを移動させること。

  • ローカル環境:「Users」>「user」>「Desktop」>「img」へと移動しています。
  • サーバー環境:「hrdyuic.com」>「public_html」>「wp-content」>「themes」>「swell_child」へと移動しています。

imgフォルダを「ドラッグ&ドロップ」で移動させます(下記画像)。

下記画像のように「ドラッグ&ドロップ」でなくても移動させることができます。

ダウンロードを行います。

ダウンロード:サーバー環境 → ローカル環境へフォルダやファイルを移動させること。

  • ローカル環境:「Users」>「user」>「Desktop」へと移動しています。
  • サーバー環境:「hrdyuic.com」>「public_html」>「wp-content」>「themes」>「swell」へと移動しています。

searchform.phpファイルを「ドラッグ&ドロップ」で移動させます(下記画像)。

こちらも下記画像のように「ドラッグ&ドロップ」でなくても移動できます。

ファイルを編集するためのテキストエディターの設定を行います。

「FileZilla」>「設定」を選択します。

カスタム エディターを指定する方法を解説します。

手順
まず「参照(B)」をクリックします。
手順
アプリケーションから、「テキストエディター」を選択し「開く」をクリックします。

僕は「Visual Studio Code.app」を使用しています。

手順
カスタム エディターを使用に「Visual Studio Code.app」を指定しました。
手順
「常にデフォルトのエディターを使用」を選択します。

最後に「OK」をクリックします。

これで、「Visual Studio Code.app」でファイルを編集できるようになりました。

編集したいファイルを決めて「表示/編集」を選択します。

「Visual Studio Code.app」でファイルを開けました。

以上で解説を終わります。

本記事が読者の疑問を解決する役に立つと幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おわり。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
本記事の内容