【SWELL】バナーリンクの使い方【文字入り画像リンクが作れる】

当ページのリンクには広告が含まれています。
初心者ブロガー

SWELLブロックのバナーリンクを使ったことがないので使い方を教えてほしいです。

こういった疑問にお答えします。

本記事で学べること

  • ワードプレステーマ「SWELL」を使っている人限定のバナーリンクブロックの使い方
  • WordPressを使っている人であれば誰でも作れる2パターンのバナーリンクの作り方

是非、最後まで読んでみて下さい。

本記事の内容

【SWELL】バナーリンクの使い方【3パターンのバナーリンクを紹介】

  • バナーリンク:ワードプレステーマ「SWELL」を使っている人限定
  • 画像:WordPressを使っている人であれば誰でも作れる
  • カバー:WordPressを使っている人であれば誰でも作れる

※ 画像に文字を重ねることができ、「画像リンク」になります。

【SWELL】バナーリンクの使い方【バナーリンク編】

「バナーリンクブロック」を挿入

管理画面メニューから、「投稿」>「新規投稿を追加」を選択します。

(ブロック挿入ツールを切り替え)から、「ブロック」>「SWELLブロック」>「バナーリンク」を選択します。

「バナーリンクブロック」が挿入されました。

「バナーリンクブロック」の使い方

赤枠の各機能について紹介していきます。

以下の順で紹介していきます。

  • バナーの高さ(PC/TAB)
  • バナーの高さ(MOBILE)
  • ブラー効果をつける
  • 影をつける
  • 角の丸み
  • テキストカラー
  • オーバーレイカラー(オーバーレイの不透明度)
  • ALTテキスト

左側が設定で、右側がその設定が反映された状態になります。

バナー設定

バナーの高さ

ブラー効果をつける

影をつける

角の丸み

カラー設定

テキストカラー

手順①:「テキストカラー」を選択します。

手順②:「赤枠」を選択します。

手順③:「カラーコード」を入力します。

これでテキストカラーが指定したカラーになります。

オーバーレイカラー

手順①:「オーバーレイカラー」を選択します。

手順②:「赤枠」を選択します。

手順③:「カラーコード」を入力します。

手順④:「オーバーレイの不透明度」を決めます。

画像設定

ALTテキスト

水面の画像の中央にSWELLの文字が重ねられた画像

完成版(再掲)

上記で紹介した機能を使って(こちら)のバナーリンクを作成しました。

【SWELL】バナーリンクの使い方【画像編】

※ 画像にテキストを重ねたい場合はCanva等で文字を重ねた画像を用意する必要があります。

「画像ブロック」を挿入

管理画面メニューから、「投稿」>「新規投稿を追加」を選択します。

(ブロック挿入ツールを切り替え)から、「ブロック」>「メディア」>「画像」を選択します。

「画像ブロック」が挿入されました。

「画像ブロック」でバナーリンクを作る

「メディアライブラリ」から画像を挿入します。

画像が挿入されました。

画像のスタイルを変更

  • スタイル:挿入時は「デフォルト」です。

(設定)から、「ブロック」>「スタイル」を開きます。

  • スタイル:「角丸」を選択します。

画像が角丸になりました。

画像にリンクを貼る

トップツールバーから、「(リンク)」を選択します。

  • URLをペーストまたは入力して検索:「URLをペーストまたは入力」します。

URLをペーストまたは入力後、「(リンク設定)」を選択します。

  • 新しいタブで開く:新しいタブで開かせたい場合は「有効」にします。

完成版(再掲)

上記で紹介した機能を使って(こちら)のバナーリンクを作成しました。

【SWELL】バナーリンクの使い方【カバー編】

「画像ブロック」を挿入

管理画面メニューから、「投稿」>「新規投稿を追加」を選択します。

(ブロック挿入ツールを切り替え)から、「ブロック」>「メディア」>「画像」を選択します。

「画像ブロック」が挿入されました。

「画像ブロック」と「カバー」でバナーリンクを作る

「メディアライブラリ」から画像を挿入します。

画像が挿入されました。

画像に文字を重ねる

トップツールバーから、「(画像上にテキストを追加)」を選択します。

「画像上にテキストを追加」できるようになりました。

フォントサイズ

テキストを全選択後、トップツールバーの「(フォントサイズ)」からフォントサイズを変更できます。

フォントサイズを「XL」にしました。

テキスト色

テキストを全選択後、トップツールバーの「(テキスト色)」からテキスト色を変更できます。

分かりにくいですが、テキスト色を「#04384C」にしました。

背景色

テキストを全選択後、トップツールバーの「(背景色)」から背景色を変更できます。

背景色を「黒」になっています。

リンク

テキストを全選択後、トップツールバーの「(リンク)」からURLをペーストまたは入力します。

テキストがリンクへと変わった後、再度テキストし、新しいタブで開かせたい場合は「新しいタブで開く」に「」を入れます。

コンテンツ位置を変更

トップツールバーから、「コンテンツ位置を変更」を選択します。

赤丸の位置を選択するとテキストの位置が中央から上方へと移動しました。

完成版(再掲)

上記で紹介した機能を使って(こちら)のバナーリンクを作成しました。

以上で解説を終わります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

本記事が読者の疑問を解決する役に立つと幸いです。

また、色々と触ってみることで実装の幅を増やして頂ければと思います。

おわり。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
本記事の内容