【VSCode】MacのFinderでクイックアクションを実行する

当ページのリンクには広告が含まれています。
プログラミング初心者

動画でWeb制作の勉強をしている時に講師の方はwindowsを使っていたんだけどフォルダ上で「右クリック」>「Codeで開く」を選択するとVSCodeでフォルダの中身が全て展開されて表示されたんだけどMacでも同じことができるんだろうか?

こういった疑問にお答えします。

結論:Macでもwindowsの「Codeで開く」と同じようなことはできます。

下記画像が実際に僕が設定している画面になります。

フォルダからでもファイルからでも「クイックアクション」>「Open with Code」でVSCodeで開くことができます。

本記事で学べること

  • ワークフロー(「クイックアクション」>「Open with Code」)の作成方法
  • ワークフローの削除方法

合わせて読みたい記事

あわせて読みたい
【VSCode】Web制作の作業がはかどるオススメ拡張機能16選 VSCodeでWeb制作の作業がはかどるオススメ拡張機能を知りたいですか?本記事では、VSCodeに「標準搭載された」「W3Cが非公式にした」「開発が終了した」等を除いた16の拡張機能を紹介しています。VSCodeを使ってWeb制作の作業をはかどらせたい方は是非ご覧ください。
あわせて読みたい
【VSCode】スニペット登録してWeb制作の作業効率アップ⤴︎ VSCodeでスニペット登録してWeb制作の作業効率をアップさせる方法を知りたいですか?本記事では、スニペット登録前後での作業効率の違い(動画を用意)や登録方法(登録に便利なツールの紹介)、複数登録する際の注意点まで解説しています。VSCodeでスニペット登録してWeb制作の作業効率をアップさせたい方は是非ご覧ください。
本記事の内容

【VSCode】MacのFinderでクイックアクションを実行する

冒頭で紹介した「クイックアクション」>「Open with Code」は下記画像の「Automator.app」で作成しています。

作成していなければMacにデフォルトでは「Open with Code」に似た機能はありません(たぶん)。

では早速、作成していきたいと思います。

「Automator.app」でワークフローを作成します。

「Finder」>「アプリケーション」>「Automator.app」を選択します。

「Automator.app」が開きました。

「クイックアクション」を選択して「選択」をクリックします。

クイックアクションが開きました。

「ユーティリティ」>「シェルスクリプトを実行」を「ワークフローを作成するには、・・・」にドラッグします。

各設定の変更をします。

  • ワークフローが受け取る現在の項目:ファイルまたはフォルダ
  • 検索対象:Finder.app
  • 入力の引き渡し方法:引数として
  • シェル下の赤枠内に下記コードをコピペします。

open -a "Visual Studio Code" "$@"

⌘Sで下記画面が表示されますので「クイックアクションの名前」を決めて「保存」をクリックします。 ※名前は何でもOKです。

これでフォルダを「クイックアクション」>「Open with Code」を選択するとでVSCodeで開けるようになりました。

フォルダを開いてみます。

フォルダ上で右クリック後、「クイックアクション」>「Open with Code」を選択します。

下記画像の赤枠にsampleフォルダとその中に入っているファイル(index.html)が表示されています。

作成したワークフローを削除する方法を紹介します。

「ライブラリ」に移動します。

「Finder」>「移動」で「optionキー」を押すと「ライブラリ」が表示されますので選択します。

「ライブラリ」に移動しました。

その中の「Server」フォルダを開きます。

すると作成した「ワークフロー」が入っていますので「ゴミ箱に入れる」で削除することができます。

以上で解説を終わります。

本記事が読者の疑問を解決する役に立つと幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おわり。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
本記事の内容