WP Multibyte Patchは必要か?【結論:必要です】

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩む人

「WP Multibyte Patch」はWordPress5.0から標準でインストールされなくなったっていうことはもう必要ないってこと?導入した方がいいのか削除しても良いのか分からない。

こういった疑問にお答えします。

本記事で学べること

  • WP Multibyte Patchが日本語環境で必要な理由を知ることができる。
  • 画像をメディアへアップロードする際に自動でマルチバイト文字を英数字へと変換してくれる(サイトやサーバー移転時のトラブル回避に繋がる)。
  • 記事のキーワード検索を全角スペースでも行えるようになる(ユーザビリティ向上に繋がる)。

是非、最後までご覧ください。

本記事の内容

WP Multibyte Patchは必要か?【結論:必要です】

WordPressは英語圏で作られたソフトウェアなのでシングルバイト文字(半角文字)の英語が基準となっています。

ここでマルチバイト文字(全角文字)の日本語を使用すると、文字化けなどの不具合が生じる可能性があります。

ひらがな、カタカナ、漢字はマルチバイト文字になります。

公式サイトには、

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、なんらかの対策を行っていない場合は導入をおすすめします。

「EASTCOCODER;Kuraishi’s WordPress Tech Blog」より

と記載されており、下記の機能について解説されています。

  • 投稿抜粋
  • 文字列カウント方式の設定
  • 検索 
  • メール送信
  • トラックバック受信
  • ピンバック受信
  • ファイル名サニタイズ 
  • フィード XML サニタイズ
  • テーマの WEB フォント無効化機能
  • 管理パネル
  • BUDDYPRESS 抜粋関数
  • その他

詳細は下記よりご覧いただけます。

EastCoder;
WP Multibyte Patch 本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグ…

本記事では、上記の中でもがついている機能が個人的には「WP Multibyte Patch」を導入する最大のメリットだと感じているのでそこを中心に解説しています。

WP Multibyte Patchは必要か?【個人的に感じている最大のメリット2選】

その①:検索

検索窓にキーワードを入力します。

全角スペースを使って「WordPress SWELL」と入力します。

WP Multibyte Patchを「無効化」して検索します。

WP Multibyte Patchを「有効化」して検索します。

全角スペースでも検索ができるようになりました。

検索をする際に半角スペースで検索する方もいれば、全角スペースで検索する方もいると思うので、「WP Multibyte Patch」を導入することで読者に優しいサイトになると思います。

その②:ファイル名サニタイズ

WP Multibyte Patchを「無効化」して画像をアップロードします。

画像のタイトル名がマルチバイトだと、タイトル名のまま画像がメディアにアップロードされてしまいます。

WP Multibyte Patchを「有効化」して画像をアップロードします。

マルチバイト文字が自動的に英数字に変換されてアップロードされました。

画像をアップロードする前に毎回ファイル名を手作業で英数字にするのは大変な手間だと思うので、手間を減らすためにも入れておいた方が良いと思います。

また、画像のファイル名がマルチバイトの状態だと記事の画像が表示されない、また、サイトやサーバー移転時に画像がアップロードやダウンロードできない(されない)といった現象が起きる可能性がありますので、トラブルも回避できます。

補足

下記画像のようにWP Multibyte Patchを導入する前にアップロードされた画像のファイル名はマルチバイト文字のままです。

途中で導入したとしても、それ以前にアップロードした画像は英数字に変換されませんので、WordPressとWP Multibyte Patchはセットでインストールすることをオススメします。

ここまで読み進めて必要だと感じた方は早速インストールしましょう。

元々はWordPressのインストールと一緒にインストールされていたようですが、WordPress5.0以降は手動でインストールする必要があります。

管理画面メニューから、「プラグイン」>「新規追加」を選択します。

「プラグインの検索…」にプラグイン名を入力します。

下記をコピペ用として置いておきますので必要な方はお使い下さい。

WP Multibyte Patch

特に設定の必要はなく、プラグインをインストールして「有効化」するだけでOKです。

以上で解説を終わります。

本記事が読者の疑問を解決する役に立つと幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おわり。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
本記事の内容