WP-Optimizeでリビジョン数を削除する方法【SWELL】

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩む人

現在、リビジョンの削除にはSWELL開発者が個人的にオススメなプラグインとして紹介されている「WP Revision Control」を使っていますがWordPress6.2に対応していないので代替として「WP-Optimize」の導入を考えているんだけど使い方を知りたいです。

こういった疑問にお答えします。

本記事で学べること

  • リビジョンのメリットとデメリット
  • リビジョンの数を削除する方法
  • リビジョンの削除を予約する方法
本記事の内容

WP-Optimizeでリビジョン数を削除する方法【SWELL】

「WP Revisions Control」はWordPress6.2には対応していません。

※WordPress6.2に対応しておらず、最終更新が11か月前と脆弱性も心配されます。

リビジョンのメリットとデメリット

メリット

例えば「10件のリビジョン」と表示されていた場合、その10件内に戻したい状態が残っていれば、その状態を復元させることができます。

デメリット

何も対策をしてなければ無尽蔵に増え続けるため、記事数が多い程リビジョン数も多いと思うので、ページの表示速度の低下(=読者の不満)に繋がります。

WP-Optimizeをインストール

管理画面メニューから、「プラグイン」>「新規追加」を選択します。

「プラグインの検索…」にプラグイン名を入力します。

WP-Optimize

「今すぐインストール」>「有効化」します。

有効化すると管理画面メニューに追加されます。

管理画面メニューから、「WP-Optimize」>「データベース」を選択します。

「データベース」に移動しました。

移動直後は最適化タブが表示されており、下記画面の6項目に「」が付いています。

今回はリビジョン数の削除を行うことが目的ですので上から2番目の「すべての投稿リビジョンをクリーン」のみを使います。 ※残りの項目は「」を外します。

すべての投稿リビジョンをクリーンアップに「」をつけたまま「最適化を実行する」と全ての記事のリビジョン数が削除されてしまいますので「設定」から残すリビジョン数を指定します。

「設定」に移動します。

  • 赤枠内の2項目に「」を付けます。
  • 直近何週間分のデータを保持するか決めます。
  • 残すリビジョン数を決めます。
  • 「設定を保存」をクリックします。

「最適化」に戻ります。

「すべての投稿リビジョンをクリーン」から「2 週間以上前の投稿リビジョンをクリーンアップし、少なくとも 2 つのリビジョンを保持します」に内容が変わっています。

リビジョン数を削除していきます。

投稿のリビジョン数を増やしておきます。

リビジョン数を最適化します。

  • 手順①:「」を上から2項目目のみにします。
  • 手順②:「最適化を実行する」をクリックします。

リビジョンが削除されました。

投稿のリビジョン数を確認してみましょう。

リビジョン数が11件から2件まで削除されています。

「リビジョンの削除は予約する」こともできます。

下記画像の「予約クリーンアップ設定」を行います。 ※「日本語に翻訳」しています。

設定の手順

  • 手順①:「スケジュールされたクリーンアップと最適化を有効にする」に「」を付けます。
  • 手順②:スケジュールタイプを選択(デフォルト:毎週) ※「毎日・毎週・2週間ごと・毎月(約30日毎)」から選択できます。
  • 手順③:「」を「すべての投稿リビジョンをクリーン」のみにします。 ※一般設定の残すリビジョン数を保持し、他のリビジョンが削除されます。
  • 手順④:「設定を保存」をクリックします。

「最適化」に戻ると、定期クリーニングの予定日や時間が記載されています。

これで毎週、自動的に削除されるようになりました。

以上で解説を終わります。

本記事が読者の疑問を解決する役に立つと幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おわり。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
本記事の内容