WP Sitemap Pageの使い方をSWELLを使って解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
初心者ブロガー

ユーザビリティ向上を目的としてWordPressテーマ「SWELL」に「WP Sitemap Page」を導入してサイトマップを設置したいんだけど使い方を教えてほしいです。

こういった疑問にお答えします。

※本記事ではSWELLを使って「WP Sitemap Page」を導入してサイトマップを設置する方法を紹介していますが、WordPressテーマを問わず(SWELL使用者に限らず)導入から設定、設置までを行える内容となっております。

本記事で学べること

  • WP Sitemap Pageの導入方法
  • WP Sitemap Pageの設定方法
  • サイトマップをサイトへ設置する方法

是非、最後までご覧ください。

本記事の内容

「WP Sitemap Page」で作成したサイトマップをSWELLに設置した例を紹介します。

※長くなるので途中は省略しています。

〜 途中省略 〜

SWELLを使って「WP Sitemap Page」の使い方を解説します。

管理画面メニューから、「プラグイン」>「新規追加」を選択します。

「プラグインを検索…」にプラグイン名を入力します。

下記をコピペ用として置いておきますので必要な方はお使い下さい。

WP Sitemap Page

WP Sitemap Pageを「今すぐインストール」>「有効化」します。

インストールの次は設定を行っていきます。

管理画面メニューから、「設定」>「WP Sitemap Page」を選択します。

「WP Sitemap Page」が開きました(下記画像)。

「設定」タブを選択します。

手順
一般的な設定

XMLサイトマップが検索エンジンのクローラーにサイトコンテンツを認識してもらう役割があるのに対して、HTMLサイトマップは読者にサイトコンテンツを認識してもらう役割があるため、チェックを入れて、検索エンジンのクローラーにサイトコンテンツを認識させないようにします。

手順
表示方法のカスタマイズ
  • 記事の表示方式:特にこだわりがなければデフォルト(<a href="{permalink}>">{title}</a>)のままでOKです。
  • 複数表示:「チェック」を入れます。

「記事の表示方式」が下記のデフォルトの場合

サイトマップにはタイトルのみが表示されます。

「記事の表示方式」を下記にカスタマイズした場合

サイトマップにはタイトル 年/月で表示されます。

手順
サイトマップからの除外
  • 除外するページ:除外したい記事のIDを入力します。 ※僕はサンクスページ(703)を除外しています。
  • 除外するカスタム投稿タイプ:「LP」にチェックを入れます。
  • パスワードを保護:デフォルトのまま(チェックを入れない)でOKです。

除外したいページがある場合は下記画像の赤枠の数字を入力します。

注意点

除外するカスタム投稿タイプの「著者」にチェックを入れると、著者名にカーソルを乗せるとログインIDが表示されます。

悪用(不正ログイン)されないためにも著者には必ずチェックを入れておきましょう!

手順
プラグインのリンクを表示する

デフォルトのままでOKです。

チェックを入れた場合は下記画像のようにサイトマップの最下部に「WP Sitemap Page」へのリンクが表示されます。

「使い方」タブを選択します。

下記画像のショートコード(赤枠)を固定ページに入力することでサイトマップを表示させることができます。

固定ページにショートコードを入力していきます。

管理画面メニューから、「固定ページ」>「新規追加」を選択します。

固定ページが開きました。

タイトルを追加に「タイトル」と、段落にショートコードを入力します。

「概要パネル」を開きます。

パーマリンクを決めます。 ※パーマリンクは、管理画面メニューの「設定」>「パーマリンク」で選択したパーマリンク構造により異なります(僕は投稿名を選択しています)。

「SWELL設定パネル」を開きます。

※SWELL使用者のみとなります🙇‍♂️

「サブタイトル」を入力し、「タイトルの背景画像」を決めます。 ※「サブタイトル」も「タイトルの背景画像」もお好みでOKです(無くても良いです)。

「SEO SIMPLE PACK設定パネル」を開きます。

※このプラグインを導入していない方は飛ばして下さい。

下記画像のXML サイトマップパネルの「XML サイトマップに含めない」にチェックを付けます。

プレビュー画面でサイトマップの仕上がりを確認します。

「プレビュー」>「新しいタブでプレビュー」を選択します。

プレビュー画面が表示されました。

〜 途中省略 〜

仕上がりに問題がなければ公開します。

SWELLのヘッダーにサイトマップへのリンクを設置します。

※メニューを作成(1から作成)するところから解説します。

下記画像の赤枠にサイトマップのリンクを設置していきます。

管理画面メニューから、「外観」>「メニュー」を選択します。

メニューが表示されました。

  • 手順①:「メニュー名」を決めます。 → 「フッターナビメニュー」としました。
  • 手順②:メニュー設定で「メニューの位置」を決めます。 → 「フッター」にチェックを入れます。
  • 手順③:メニューを作成をクリックします。

「メニュー項目を追加」から選択できるようになります。

公開済みの投稿や固定ページなどが表示されます。

今回は、サイトマッププライバシーポリシーにチェックを入れ、「メニューに追加」をクリックします。

メニュー構造に選択した項目が追加されました。

「メニューを保存」をクリックします。

その後、下記画像の「サイトを表示(赤枠)」をクリックします。

サイトが表示されました。

サイトの最下部のフッターに「サイトマップ」と「プライバシーポリシー」が設置されています。

〜途中省略〜

以上で解説を終わります。

本記事が読者の疑問を解決する役に立つと幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おわり。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
本記事の内容