XserverでWordPressのログイン画面にBasic認証を設定

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩む人

XserverでWordPressのログイン画面にBasic認証を設定したいんだけど分からない。

こういった疑問にお答えします。

本記事で学べること

  • Basic認証の設定方法
  • Basic認証の解除方法
  • 【おまけ】Xseverやプラグイン以外の方法でWordPressのログイン画面にBasic認証を設定する記事の紹介
本記事の内容

XserverでWordPressのログイン画面にBasic認証を設定する方法を解説します。

トップページから、「ログイン」>「サーバーパネル」を選択します。

サーバーパネルにログインします。

サーバーIDサーバーパネルパスワードを入力後、「ログインする」をクリックします。

サーバーパネルにログインしました。

  • 手順①:設定対象ドメインから、「Basic認証を設定したいドメイン」を選択
  • 手順②:ホームページから、「アクセス制限」を選択

「アクセス制限設定」のページにアクセスしました。

wp-adminの「ユーザー設定」をクリックします。

「ユーザーID」と「パスワード」を設定するページに移動しました。

ユーザーIDパスワードを決めた後「確認画面へ進む」をクリックします。

確認画面に移動しました。

ユーザーIDパスワードを確認後「追加する」をクリックします。

これでユーザーの追加が完了しました。

「フォルダ一覧に戻る」をクリックします。

アクセス制限設定のページに戻りました。

wp-adminのアクセス制限を「ON」にした後「設定する」をクリックします。

これでベーシック認証の設定変更が完了しました。

Basic認証が設定されているかの確認をします。

アドレスバーに「サイトドメイン/wp-login.php」を入力してログイン画面へアクセスしようとするとBasic認証が表示されました。

ユーザー名パスワードを入力後「ログイン」をクリックします。

WordPressのログイン画面が表示されました。

Basic認証を解除する方法を解説します。

※「アクセス制限設定」のトップページから解説します。

wp-adminのアクセス制限を「OFF」にした後「設定する」をクリックします。

Basic認証の設定変更が完了しました。

「戻る」をクリックします。

wp-adminの「ユーザー設定」をクリックします。

対象ユーザーIDの「削除」をクリックします。

確認画面が表示されます。

間違いなければ「削除する」をクリックします。

ユーザーの削除が完了しました。

参考までにXserverを使用せずにBasic認証を設定する記事を貼っておきます。

あわせて読みたい
WordPressのログイン画面にプラグインなしでBasic認証を設定 WordPress(以下、WP)のログイン画面にプラグインなしでBasic認証を設定する方法を知りたいですか?本記事では、Basic認証の設定に必要となる「.htpasswd」ファイルの作成・編集や「.htaccess」ファイルの編集から、設定や認証に必要な「ユーザー名」や「パスワード」、「ハッシュ化パスワード」を生成するツールの紹介・使い方、また、WPのログイン画面にエックスサーバーでBasic認証の設定をする方法まで解説しています。WPのログイン画面にプラグインなしでBasic認証を設定したい方は是非ご覧ください。

以上で解説を終わります。

本記事が読者の疑問を解決する役に立つと幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おわり。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
本記事の内容