All-in-One WP Migrationの使い方と容量を上げる方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
初心者ブロガー

「All-in-One WP Migration」を使ってローカル環境から本番環境(その逆もあり)にインポートする方法や最大アップロードファイルサイズ(容量)を上げる方法、バックアップをとる方法を教えてほしいです。

こういった疑問にお答えします。

本記事で学べること

  • 移行元のサイトをエクスポートし、移行先のサイトへとインポートする方法
  • 「エックスサーバー」「Local(旧Local by Flywheel)」「MAMP」の容量を上げる方法

是非、最後までご覧ください。

本記事の内容

All-in-One WP Migrationでできること

  • WordPressオリジナルサイト制作では、ローカル環境から本番環境への移行が基本でありこの移行が簡単に行えます。
  • サイト運営(ブログ運用)では、一旦、本番環境からローカル環境へ移行してプラグインのテストを行うことでトラブル回避に繋がります。
  • サイト運営(ブログ運用)では、バックアップをとる目的でも使えます。
  • 違うドメインへの移行(引っ越し)が簡単に行えます。

All-in-One WP Migrationを使う際の注意点

  • エクスポートする際には「ログイン認証」「セキュリティ系」「高速化系」「キャッシュ系」のプラグインを無効化にしておかなければインポート後に管理画面にログインできなくなる可能性があります。
  • phpのバージョンは移行元と移行先で揃えておかなければインポートが上手くいかないことがあります。
  • WordPressのバージョンも移行元と移行先で揃えておきます。
  • 移行先の管理画面へのログイン時のユーザー名とパスワードは上書きされます。 ※移行元のユーザー名とパスワードに変わります。
  • 移行先のサイト名は上書きされます。
  • 移行先の投稿(カテゴリーやタグも含め)、固定ページ、メディアは全て消えます。
  • プラグインは、移行先のプラグインは消えずに移行元のプラグインが追加されます。

All-in-One WP Migrationの使い方を解説します。

移行元にプラグインをインストールします。

管理画面メニューから、「プラグイン」>「新規追加」を選択します。

「プラグインの検索…」にプラグイン名を入力します。

All-in-One WP Migration

「今すぐインストール」>「有効化」します。

管理画面メニューに「All-in-One WP Migration」が追加されます。

移行元をエクスポートします。

管理画面メニューから、「All-in-One WP Migration」>「エクスポート」を選択します。

「エクスポート先」を開いて「ファイル」を選択します。

※下記画像のように「ファイル」以外は有料(サブスク)となっています。

「サイトドメイン(僕の場合はHRDYUIC.COM)をダウンロード」をクリックします。

ダウンロード開始され終了しました(下記画像)。

ダウンロードフォルダを確認するとファイルが入っています(下記画像)。

このファイルをDropboxやGoogleDriveに移動させておくことで、トラブルが起こった時にこのファイルを使って復元させることができます。

移行先にプラグインをインストールします。

※移行元の手順と同じなので割愛します。

移行先のサイトは以下のLocalで用意しました。

あわせて読みたい
WordPressのローカル環境を構築する方法【Local使用】 LocalでWordPressのローカル環境を構築する方法を知りたいですか?本記事では、LocalのダウンロードからWordPressの環境構築、その後のWordPressでの必要最低限の初期設定、編集したいフォルダまで移動する方法、ローカル環境を外部に共有する方法、エラーレポートおよび使用状況レポートのON/OFFの設定方法、アカウントの登録方法(無料)、その他(サイトの切断・接続方法、サイトの削除方法、アカウントの削除方法)まで解説しています。LocalでWordPressのローカル環境を構築したい方は是非ご覧ください。

下記画像のように、Localで用意した時点でのテーマは「Twenty Twenty-Three」が有効化されています。

ここからエクスポートしたファイルをインポートして僕が運営しているサイトへと変更していきます。

移行元を移行先にインポートします。

管理画面メニューから、「All-in-One WP Migration」>「インポート」を選択します。

「インポート元」を開いて「ファイル」を選択します。

エクスポートしたファイルを選択して「開く」をクリックします。

「開始」をクリックします。

「インポートを終了しました。」と表示されますので「完了」をクリックします(下記画像)。

「再読み込み」します。

ログイン画面が表示されます。

※移行元の「ユーザー名またはメールアドレス「と「パスワード」を入力します。

ログイン後、「サイトを表示」をクリックします。

移行先のサイトで移行元のサイトが表示されました。

これでインポートの完了です。

All-in-One WP Migrationの容量を上げる方法を紹介します。

以下について容量を上げる方法を紹介します。

※有料版(サブスク)にすることで容量を無制限にすることができますが、僕は有料版は購入していないので触れていません🙇

  • エックスサーバー
  • Local(旧Local by Flywheel)
  • MAMP

なぜ容量を上げる方法を紹介するのか

下記画像のように、今回エクスポートした僕のサイトのサイズは「191MB」でした。

これに対して下記画像でのLocal(旧Local by Flywheel)の最大アップロードファイルサイズは「300MB」となっています。

エクスポートファイルサイズが最大アップロードファイルサイズを下回っていたためインポートすることができましたが、そうではない場合にはインポートすることができないため、容量を上げる必要があるのです。

エックスサーバー

容量を上げる前の最大アップロードサイズを確認しておきます。

最大アップロードファイルサイズは「1G」です。

では容量を上げていきます。

公式サイトにアクセスします。

??󥿥륵???С? ??®???ⵡǽ??????????Ρڥ?...
??󥿥륵???С? ??®???ⵡǽ??????????Ρڥ??å????????С??? ??®???Ĺ⤤????????ؤ????ǽ??󥿥륵???С??ڥ??å????????С??۲?ƯΨ99.99??ʾ?ι⤤???????ǡ??ȳ??ȥåץ??饹?ι⥳???ȥѥե????ޥ󥹤?ؤ???ʼ???󥿥륵???С??Ǥ??????693??(?ǹ?)???????Ѳ?ǽ???ޤ???̵?????10?...

「ログイン」>「サーバーパネル」を選択します。

サーバーパネルが表示されました。

  • 対象ドメイン:最大アップロードファイル容量を上げたドメインを選択後、「設定する」をクリックします。
  • PHP:「php.ini設定」を選択します。

「php.ini設定」が表示されました。

  • post_max_size:「1G」→「2G」へ変更します。
  • upload_max_filesize:「1G」→「2G」へ変更します。
  • 「確認画面へ進む」をクリックします。

その後、「変更する」をクリックします(下記画像)。

そして、「php.iniの変更が完了しました。」と表示されます(下記画像)。

「再読み込み」します。

すると、最大アップロードファイルサイズが「1GB」から「2GB」へと上がります。

Local(旧Local by Flywheel)

あわせて読みたい
WordPressのローカル環境を構築する方法【Local使用】 LocalでWordPressのローカル環境を構築する方法を知りたいですか?本記事では、LocalのダウンロードからWordPressの環境構築、その後のWordPressでの必要最低限の初期設定、編集したいフォルダまで移動する方法、ローカル環境を外部に共有する方法、エラーレポートおよび使用状況レポートのON/OFFの設定方法、アカウントの登録方法(無料)、その他(サイトの切断・接続方法、サイトの削除方法、アカウントの削除方法)まで解説しています。LocalでWordPressのローカル環境を構築したい方は是非ご覧ください。

容量を上げる前の最大アップロードサイズを確認しておきます。

最大アップロードファイルサイズは「300MB」です。

では容量を上げていきます。

最大アップロードファイルサイズを変更できるファイルまで移動します。

「ユーザー」>「ユーザー名」>「Local Sites」>「WordPressサイト名」>「conf」>「php」>「php.ini.hbs」

テキストエディターでファイルを開きました。

upload_max_filesize:「300MB」→「500MB」へ変更します。

「Local」に移動します。

最大アップロードファイルサイズの容量を上げるサイトを「停止」させます(下記画像)。

その後、最大アップロードファイルサイズの容量を上げるサイトを「接続」させます(下記画像)。

「再読み込み」します。

すると、最大アップロードファイルサイズが「300MB」から「500MB」へと上がります。

MAMP

あわせて読みたい
WordPressのローカル環境を構築する方法【MAMPを使用】 MAMPでWordPressのローカル環境を構築する方法を知りたいですか?本記事では、MAMPのダウンロードからインストール、使い方(設定方法)、WordPressフォルダのダウンロード、そして、それらを用いてWordPressのローカルを構築する方法までを解説しています。MAMPでWordPressのローカル環境を構築したい方は是非ご覧ください。

容量を上げる前の最大アップロードサイズを確認しておきます。

最大アップロードファイルサイズは「8MB」です。

では容量を上げていきます。

最大アップロードファイルサイズを変更できるファイルまで移動します。

「アプリケーション」>「MAMP」>「bin」>「php」>「PHP version」>「conf」>「php.ini」

「PHP version」は以下から確認できます。

テキストエディターでファイルを開きました。

※以下になるようにサイズを決めます。

upload_max_filesize ≦ post_max_size ≦ memory_limit

まず、memory_limitを「128M」→「700M」へ変更します。

次に、post_max_sizeを「8M」→「600M」へ変更します。

そして、upload_max_filesizeを「32M」→「500M」へ変更します。

「MAMP」に移動します。

「Stop」をクリックします。

その後、再度「Start」をクリックします。

「再読み込み」します。

すると、最大アップロードファイルサイズが「8MB」から「500MB」へと上がります。

以上で解説を終わります。

本記事が読者の疑問解決の役に立つと幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おわり。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
本記事の内容